コンテンツへスキップ

固定回線としてのWiMAXを試してみる

2014/03/04

自宅ではずっとフレッツ光を使ってきたが、WiMAXが固定回線としてどの程度使えるかに興味があったので、無料で試せるTryWiMAXに申し込んでみた。

IMG_4755

この電波強度は「やや強い3」状態

■機器は据え置き型として一番評判が良さそうな「UROAD-HOME」を選び、設置場所と隣接している母屋にも電波が届きやすいように出窓の枠に置く。
■設置場所は東京多摩地区で街道沿い、UQサイトの地図では黄色(WiMAX1のみ使用可能)の範囲内。
■電波強度は最大で「やや強い3」だったが、動かさなくてもたまに「普通2」になったりする。ウチの場合、受信感度は高さや窓のそばかどうかではなく、機器の角度の違いで微妙に変化した。
■速度を何日か観察してみたが(http://www.speedtest.net/にて)、Pingは良くて50-80ms程度、悪いと200msオーバー、平均で100ms前後。下りは最高で11Mbps、悪いと1Mbps台、平均5〜8Mbps程度。上りは2Mbps前後であまり変わらない。
ちなみにフレッツ光(100Mbpsタイプ)だと、下りは平均50Mbps、上りは20Mbps程度だった。
Speedtest.net by Ookla - The Global Broadband Speed Test

■以外だったのは隣にある母屋の室内にも十分電波が届いたこと。まあ木造の安普請だからか(笑)。母屋の一階二階ともにiPhoneやiPad mini、WiiUなども問題無く使えた。
■体感的にはWEBブラウザの読み込みがフレッツ光に比べて一呼吸、二呼吸遅れる感じだが、YouTubeの動画やRadikoのストリーミングも問題なく、これらを複数立ち上げていても予想以上にスムーズで安定している印象。むしろファイルをクラウドにアップロードしたりダウンロードする時に「ああ遅くなったなあ」と実感する。一週間ほど試している間に一度Pingが900msオーバーになり、ブラウザの表示などが異様に遅くなることがあった。2時間ほどして元に戻ったが、こういった事がどの程度の頻度で起きるかはちょっと気になる。

ただ、トータルとしては固定回線としても十分使えると感じた。家庭で使う分には、高画質の映画をストリーミングで見たいとかリアルタイム性の高いゲームをやる人以外は、WiMAX1でもほぼストレス無く使えるんじゃないだろうか。WiMAX自体の提供エリアもまだ狭いみたいだし、受信状況が良い場所なら、モバイルというよりむしろ固定回線に向いている気がする。
この辺もWiMAX2+になり常時下り30Mbps、上り10Mbpsぐらい出てくれたら、もうそれで個人的には十分といった感じ。いつかエリア内になったらWiMAX2+も試してみたい。

先々も含めて気になるところ
■WiMAX2+も含めて有線より安い料金体系や使用量制限の無いところがどうなるのか心配。この二つを維持できないと、少なくとも固定回線としては魅力が激減すると思うので。
■UROAD-HOMEのような据え置き型の新製品に期待したい。まったく同じコンセプトでセキュリティもしっかり強化したWiMAX2+対応のパワーアップ版を出して欲しいのだが。
■雪や台風など気象条件にどの程度影響を受けるのだろうか?あとウチは街道沿いなのでトラックなどの違法無線も影響しそう。この辺は年間を通して使ってみないと分からないが、まあ無線なんである程度は覚悟しておかなければならないかも。

しかし、昔に比べたら料金といい手軽さといい、「無線もここまで来たか!」といった印象。もし全然ダメだったら「ちょっと高いけどまだフレッツでいいや」と思っていたが、ウチに限っては結構使えそうな感じ。う〜ん、どうしよう。

【追記】
その後、実際に契約してみて感じたこと。

※ウチの場合、年間を通して月単位ぐらいで電波強度が「2」になったり「3」に戻ったりが繰り返された。年明け(2015年)からは「3」の状態が続いた。雨天の後で電波強度が変わることもあったが、毎回ではないのでタマタマだったのかも知れない。
※無線の仕組み上仕方がないが、WiMaxのサーバーは地域的にランダムに接続されるので、IPアドレスで地域を判定しているRadikoの予約録音が全くできなくなることが一番の悩みのタネだった。例えば一度「大阪」のサーバーに接続されるとRadikoの番組表も大阪のものとなり、「東京」前提の予約録音が全く機能しなくなる。解決方法はUROAD-HOMEの管理画面からルーターを再起動し、「東京」のサーバーにつながるまで再接続を繰り返すしかない。どの地域のサーバーに接続されているかは「radiko.jp」のHPのヘッダ部分を見て確認。うまいこと数回で「東京」に再接続されることもあれば、延々「兵庫」につながり続けたこともあった。その間ネットは全く使えなくなるし、あれにはまいった。もちろん、これはRadiko側の地域判定方法による弊害なのだが、Radikoを予約録音したい人にとってWiMax(だけじゃなく無線方式と一部有線でも他地域の空きサーバーを使うもの)とは、非常に相性が悪いのが現実だと感じた。

From → ネット関連

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。