コンテンツへスキップ

Parallels上のWindows7でRadikaを使う

2013/07/14

radika2013-07-14 2.03.56

メインPCとしてiMacを使っているのだが、同時にバーチャルマシンアプリのParallels Desktop 8 for Mac上にWindows7を入れてWindowsPCとしても使っている。

バーチャルとはいえOS間でデータのコピペもできるし、ラグもほとんど感じないのですごく便利。
で、ラジオ(Radiko)の予約録音は今までMac版のラジ録2を使っていたのだが、ここのところ録音されてなかったり番組表が更新されなかったりどうも調子が悪い。なので、バーチャルマシン上のWindows7に、以前愛用していたRadikaを入れてラジオの録音に使っている。こちらをメインにしてから随分たつが、毎回ほぼ問題無く予約録音できている。(もちろんMacや関連ソフトも一日中立ち上げっぱなし状態だが)

このRadikaというソフト、番組表も見易いしとても多機能。一度使うと「他のソフトはもういいや」という気持ちになる。
特に目立つ機能として、「キーワード予約」がある。例えば好きなパーソナリティやミュージシャンの名前などを入れておくと、該当する番組を勝手に録音してくれるのだ。たぶん番組表のテキストをサーチして自動的に予約追加しているのだろうが、局の指定や時間帯なども細かく設定できる。
それにしても、これでフリーなんだから恐れ入る。
こういうフリーソフトの充実は、Macは逆立ちしても敵わないと常々思うところ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。